インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れをご紹介します

インプラント治療は手術を伴うため、事前の検査や術後のメンテナンスが必要です。こちらでは福留歯科医院インプラントセンターでの診療の流れをご紹介します。

インプラント治療の手順

1.検査

1.検査

虫歯や歯周病などの検査を行います。噛み合わせや全身疾患の状態も併せて確認します。
2.精密検査

2.精密検査

レントゲンや歯科用CTなどの最新機器を使い、骨の量や状態を詳細に検査します。
3.インフォームドコンセント

3.インフォームドコンセント

精密検査による診断結果をふまえて、治療計画を作成します。これから行うインプラント治療の概要や手順をはじめ、手術後に必要となる定期検診、さらに治療費についてなど細かくインフォームドコンセント(説明と同意)を行います。
4.手術

4.手術

インフォームドコンセントにおいて患者様にご同意をいただいたうえで、手術となります。歯ぐきを切開し該当箇所の顎の骨にインプラントを埋入、歯ぐきを縫合し、仮歯を取り付けて手術は終了です。
5.治療期間

5.治療期間

手術後は、インプラントと顎の骨が結合するまで待ちます。期間は1ヶ月半から4ヶ月ほど必要です。
6.印象採取(型取り)と装着

6.印象採取(型取り)と装着

インプラントと顎の骨の結合が確認できましたら、歯型を取り人工歯を作製します。完成した人工歯をインプラントへと取り付けて治療完了です。
7.メンテナンス

7.メンテナンス

治療完了後は、インプラントを長くお使いいただくために定期的なメンテナンスが必要になります。治療直後は月に1度、その後は3ヶ月に1度と、決まった期間での定期検診の受診や、自宅でのしっかりとしたブラッシングにより、インプラントを長く維持できます。

To Page top

最新のインプラント治療シンコーンシステムについてはこちらをご覧ください