インプラント以外の選択肢

インプラント以外にも方法はあります

インプラント以外にも方法はあります

歯を失ってしまったとき、インプラント以外の方法で補うことも可能です。ここでは、インプラント以外の方法であるブリッジや入れ歯について説明します。メリット・デメリットをしっかり確認したうえでご自分に合った方法を選択してください。

ブリッジ・入れ歯の比較

 

ブリッジ

ブリッジ

部分入れ歯

部分入れ歯

総入れ歯

総入れ歯

方法 数本失った際に、失った歯の両側にある歯を削り、そこに冠を渡すことで補う方法 数本失った際に、失った歯の周りの歯に留め金の金属を付け、人工歯を留める方法 すべての歯を失った際に、取り外しできる人工歯を顎の上に載せる方法
周りの歯・顎への影響について
  • 健康な歯も削る必要がある
  • ブリッジの両側の健康な歯に負担がかかる
  • 失った歯の部分の骨が痩せる
  • 周囲の健康な歯に入れ歯の留め金をかけるため負担がかかる・
  • 失った歯の部分の骨が痩せる
  • 顎の骨が痩せる
見た目 保険適用外の審美性に優れた材料を選択することで、自然歯のような見た目になる 入れ歯の金属のバネ部分が目立ってしまうことがある 顎の骨が痩せてしまうと、しわが寄りやすい口元になる
お手入れ 通常どおり歯ブラシ、歯のないところはフロス、歯間ブラシなどを利用してブリッジのお手入れをする 入れ歯ははずして洗浄液などを利用、支える健康な歯も通常どおり歯ブラシなどを利用してお手入れをする 入れ歯ははずして洗浄液などを利用してお手入れをする
治療期間の目安 2週間~2ヶ月前後で装着(周りの歯の状態による)、その後調整が必要 2週間~2ヶ月前後で装着(周りの歯の状態による)、その後調整が必要 1~2ヶ月前後で装着、その後調整が必要
欠点
  • 歯みがきがしにくいため、ブリッジを支えている健康な歯も虫歯や歯周病になる危険性がある
  • ブリッジを支えている歯が折れる可能性がある
  • 失った歯の部分の顎の骨が痩せる
  • 歯みがきがしにくいため、入れ歯を支えている健康な歯も虫歯や歯周病になる危険性がある
  • 外出している場合でも、入れ歯を取り外す必要がある
  • 違和感があるときもある
  • 外出している場合でも、入れ歯を取り外す必要がある
  • 違和感があるときもある
  • 食べにくいときがある
  • 硬いものが食べにくい
  • 入れ歯がはずれそうになる
  • 話がしにくいときがある

To Page top

インプラント以外の治療のことも お気軽にご相談ください。